So-net無料ブログ作成

福岡の女性切断遺体 バラバラにつきまとう“誤算”(産経新聞)

【衝撃事件の核心】

 ごく普通の生活を送っていた女性はなぜ切り刻まれ、海に投げ捨てられなければならなかったのか。福岡市博多区の会社員、諸賀(もろが)礼子さん=当時(32)=のバラバラ遺体の一部が最初に博多湾で見つかってから、2カ月が経過しようとしている。「交通トラブル」など不審な点が判明したほか、失踪(しっそう)後に諸賀さんの腕時計を質入れした男が別の事件で逮捕されたが、諸賀さんの事件での容疑者逮捕には至っていない。切断遺体、諸賀さん方の状況などから浮かび上がる犯人像とは…。

■隠す目的のはずが…高まる発覚の可能性

 「腕時計は拾った」

 4月28日に別の窃盗事件で福岡県警に逮捕された福岡市内に住む30代のアルバイトの男は、取調室で対峙(たいじ)する捜査員にこう釈明した。男が「拾った」と主張する腕時計はギリシャのブランド品で、男は腕時計を福岡県内の質店で換金していた。製造番号とDNA型鑑定から判明した腕時計の所有者は、無残な姿で発見された諸賀さんだった。

 博多湾の真ん中に浮かび、福岡市内の渡船場からフェリーで約10分の能古島(のこのしま)。周囲約12キロ、人口約800人と小さな島では、春は菜の花、秋はコスモスと季節の花々が咲き、潮干狩りのシーズンなどには海岸が観光客でにぎわう。

 「最後の無頼派」作家と呼ばれる檀一雄が晩年を過ごした島としても知られる能古島。この風光明媚(めいび)な島の海岸で3月15日、下腹部から大腿(だいたい)部にかけての遺体の一部が流れ着いているのが見つかった。鋭利な刃物のようなもので切断されていた遺体。その後の捜査で、遺体は諸賀さんであることが確認された。

 4月9日には能古島から約9キロの場所にある福岡市中央区の福岡競艇場のコースと海を区切る遮蔽(しゃへい)壁付近で、両腕が入ったゴミ袋が見つかる。

 さらに14日と15日には、福岡市中央区那の津の博多港・須崎ふ頭付近で、胴体と頭部が相次いで見つかった。県警は両腕がゴミ袋に入れられていたことや、腰の損傷が少ないことから、犯人が切断遺体を複数のゴミ袋に分けて博多湾に遺棄したとみている。

 遺体を刃物で切り離すバラバラ事件は猟奇的なイメージを受けるが、専門家はその手口からどのような犯人像を思い描くのか。

 「特殊な遺体の状態から特別な動機があると思われがちだが、被害者の身元を分からなくするためだったり、遺体を隠して事件が発覚しないようにするための隠蔽(いんぺい)の努力だ」

 精神科医で、筑波大名誉教授の小田晋氏(犯罪病理学)はこのように動機を指摘。犯人は顔見知りなど身近な人物である可能性が高いと分析する。

 事実、東京都渋谷区のマンションで平成18年、外資系金融会社の男性社員=当時(30)=が殺害された事件では、殺害した妻が犯行現場となった自宅から遺体を持ち出す手段として切断していた。

 また、東京都江東区のマンションで20年4月、住人の女性会社員=当時(23)=が殺害された事件では、2部屋隣に住む男が乱暴目的で自室に連れ込んで監禁した後、女性を捜索する警察官の目を欺くために遺体を細かくバラバラに切断して、トイレから流すなどしていた。

 「遺体を放置しておくと困る。とにかく隠したい。隠したいけど、遺体がこのままだと見つかりやすい。なら切断してしまおう」

 警視庁の捜査幹部はバラバラ事件に走る犯人の心理をこう表現する。だが、その手口には一つの誤算がつきまとう。

 「ホシ(犯人)は犯罪行為を消し去ろうと考えて遺体をバラバラにする。だがバラバラにしてあちらこちらに捨てれば、ホシの狙いとは逆にそれだけ遺体が見つかる可能性は高まる。そして切断遺体が見つかれば、『こりゃ事件だ』となる」

■室内に血痕なし 連れ出された後に殺害か

 JR博多駅から約500メートルの場所にある2階建てアパートの2階に諸賀さんは住んでいた。

 諸賀さんは福岡市内の医薬品卸会社に勤務。3月5日午後7時ごろに勤務先を出ており、通勤に使っていた車は自宅アパート近くの駐車場に止められていたことが確認されている。自宅アパートからは仕事で使う携帯電話が見つかっており、諸賀さんは一度は帰宅したとみられる。

 だが翌6日午前5時ごろ、会社の同僚がゴルフに行くために諸賀さん方を訪れたが、インターホンを押しても応答はなかった。

 捜査関係者によると、諸賀さん方の玄関は施錠されており、室内に物色したような形跡はなく、カバンや財布、通帳も残されていた。土足で侵入したり、激しく争ったりしたような跡はなかった。ただ室内の窓ガラスが内側から割れており、転倒したゴルフバッグが当たったとみられることから、諸賀さんが誰かともみ合うなどした可能性はあるという。

 しかし、血痕は検出されていないとされており、県警は部屋以外の場所で殺害され、切断された疑いが強いとみている。この見方について小田氏がこう補足説明する。

 「遺体を切断するには時間がかかり、血も流れる。犯人は他人に邪魔されずにゆっくり作業ができる自宅か、自分の縄張りとなっている何らかの場所で遺体をバラバラにしたのだろう」

 一度は帰宅したとみられる諸賀さんは生きた状態で、財布を置いたまま部屋から姿を消して殺害された可能性が高い。

 考えられる状況は、自らの意志で外出した後に事件に巻き込まれたか、顔見知りの犯人に言葉巧みに連れ出されたか、あるいは脅されるなどして抵抗できない状態で連れ去られたか−。

 江東区で女性が殺害された事件では、2部屋隣に住む男が帰宅してきた女性に刃物を突きつけて、自分の部屋に連れ込んでいた。

 諸賀さんの私用の携帯電話は未発見だが、県警が通話履歴を調べたところ、相手が不明なものはなかったという。諸賀さんがいったん帰宅した後、再び部屋を出た経緯の解明が捜査の焦点の一つになりそうだ。

■「警戒して帰る」 日記につづられた不安

 「温厚で責任感が強く、後輩の面倒見も良かった」

 勤務先の関係者は諸賀さんの人柄をこう話す。諸賀さんは平成12年4月に入社。営業を担当し、最近は約30カ所の医療機関を受け持ち、医薬品を納入するなどしていた。700人以上の営業社員の中でも成績が上位になることがあり、将来の幹部候補として期待されていた。

 社内だけでなく、顧客からの信頼も厚かったという諸賀さん。会社関係者は「諸賀さんがトラブルを抱えていたという話は聞いたことがない」と話す。

 だが事件発覚後、諸賀さんが書き込んでいたインターネットの会員制サイト「mixi(ミクシィ)」の日記に注目が集まる。

 『相手の方は任意保険に入ってないらしく、バイクの修理を全部私の方の保険で負担して欲しいと言う』

 『しまいには私の家まで行くと言い出したそうなので、弁護士を立てました』

 『本人らしき人がうろついてるのを見たから、(中略)その後もかなり警戒して帰ってきてます』

 書き込みによると、諸賀さんは昨年11月、帰宅途中に交差点でオートバイと事故を起こし、その相手とトラブルになっていたが、この交通トラブルと事件との関連は不明だ。

 また、3月上旬には、自宅アパート前の路上で男女が言い争う声を近所の住民が聞いていたという。

 県警は交友関係を調べてトラブルの有無を洗い出すとともに、所持品でなくなっているものがないかを捜査してきた。その結果、諸賀さん失踪後に腕時計を換金していた冒頭の男が捜査線上に浮かんだ。

 男の逮捕容疑は昨年、勤務先の会社から液晶テレビを盗んだとしている。県警はこの逮捕容疑の裏付け捜査を行うとともに、諸賀さんとの接点を含め事件との関連を慎重に調べるとみられる。

 諸賀さんの足はいまだに見つかっていない。知人男性は「遺族の悲しみを考えると、言葉にならない」と漏らした。

【関連:「衝撃事件の核心」】
指名手配犯、逃さない! 街頭に光る“眼光”「ミアタリ」  
エリート教頭、風俗狂いの果てに…
訴訟合戦泥沼化? 脱税疑惑を指摘された眞鍋かをりさんは…
「無能野郎」「氏ね」中傷氾濫…2ちゃん本印税差し押さえは有効か
「高差」「うちこ」隠語は健在…警視庁ネットハンターが狙う闇サイトの“急所” 

<厚労省独法>12道県で不適切会計 地方業務委託巡り(毎日新聞)
<健康保険法>改正案 協会けんぽ保険料上昇抑制 健保反発(毎日新聞)
米大統領どこまで理解?まだ判断つかず…首相(読売新聞)
電動自転車 CO2の削減で職員に貸し出し 愛知県豊橋市(毎日新聞)
ニセ死亡診断書で日本生命から保険料3600万円詐取 容疑の元夫婦ら逮捕(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。