So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

「大バカ」火消しに躍起 首相が官僚ヨイショ(産経新聞)

 菅直人首相は10日、首相官邸で各府省事務次官に訓示し、官僚を持ち上げる発言を連発した。首相は昨年10月、「霞が関(の官僚)は大バカ」と“暴言”を吐いたが、関係改善のため火消しに躍起だ。

 首相は「政治主導」を掲げた鳩山前政権の取り組みについて「政治家にも不十分なところがあり理想的な形で進められなかった。政と官の関係もぎくしゃくしたことは否めない」と総括するとともに、「官僚が必要ないとか能力がないという意味ではない」と述べ、反省のそぶりをみせた。

 さらに「官僚の立場と政治家の立場でそれぞれ国を支える役割分担ができたとき、政治や行政が強くしっかりしたものになる」と協力を求めた。もっとも「大バカ発言」は官僚にとって「ショッキングな表現」(総務省幹部)だっただけに、わだかまりはそう簡単に解消されそうもない。

【関連記事】
首相「官僚は大バカ」発言変えず
菅首相会見 初日から「守り」の姿勢 「逃げる」晋作!
家族会からの要請文に菅首相「はい。はい」
菅首相が迅速な対応指示「危険な意味での節目に当たる」 口蹄疫
郵政改革廃案? 溝深まる2人
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

「ITなしに孤独死は防げない」(医療介護CBニュース)
<会社役員殺害>「人違い」逮捕の組員供述 07年・高崎(毎日新聞)
北教組がコメント「深く反省」「運動のさらなる前進に向け論議」(産経新聞)
<ザ・コーヴ>上映中止問題を考えるシンポ 550人が参加(毎日新聞)
上賀茂神社もアライグマの被害に 専門家が調査へ(産経新聞)

北アで遭難か「やばそうなので下山」の連絡(読売新聞)

 30日午後11時20分頃、北アルプス穂高連峰から同日帰宅予定だった千葉県浦安市東野、信用金庫職員青木直哉さん(34)と連絡が取れないと、母親(62)から岐阜県警高山署に通報があった。

 発表によると、青木さんは29日に新穂高岳の登山口から1人で入山。30日午前中、母親にメールで、岐阜県高山市奥飛騨温泉郷神坂のピラミッドピーク(2750メートル)を過ぎたと告げたうえで、「やばそうなので下山する」と連絡したのを最後に行方がわからなくなっているという。計画などから、青木さんは間ノ岳(2907メートル)を目指す途中で遭難したとみられる。

 県警は31日朝から、ヘリコプターで付近を捜索している。

梅雨時の洗濯をどのようにしていますか?(Business Media 誠)
農水相は「バカ松」と批判 たちあがれ日本・平沼氏(産経新聞)
iPad並びました 寒さこらえ、徹夜で8時間(産経新聞)
中山太郎元外相、自民に離党届提出(読売新聞)
衝突の瞬間「ガツッ」 叫ぶ乗組員 SS元船長初公判ライブ(産経新聞)

住基カード発行、445万枚=普及率は3.5%―総務省まとめ(時事通信)

 全国の市区町村の住民基本台帳カード(住基カード)の累計発行枚数が、2009年度末時点で444万7000枚となったことが24日、総務省の調査で分かった。09年3月末時点の住民基本台帳人口(約1億2708万人)に対する普及率は3.5%となった。
 09年度の発行枚数は前年度比9289枚減の104万8881枚。2年連続で100万枚を超えたが、03年度の発行開始以来初めて、前年度を下回った。
 累計発行枚数が多かった市区町村は、宮崎市が18万1561枚(09年3月末の人口40万21人)でトップ。横浜市の14万5691枚(同360万5951人)、大阪市の11万129枚(同252万5153人)が続いた。 

【関連ニュース】
国内移動、14年連続低下=景気低迷で
住基ネット活用、最有力に=税・社会保障の共通番号制度
住基ネット活用も検討を=共通番号制度で
複数分野束ねる「基礎番号」検討=社会保障と税の共通制度で
3大都市圏の転入超、5万人減=不況で09年、名古屋圏転出超に

口蹄疫 農水相の自発的辞任要求 公明・井上氏(産経新聞)
世代交代と脱派閥掲げ「新世紀」発足 自民若手(産経新聞)
両陛下、植樹祭出席へ(時事通信)
元船長、傷害罪を否認=シーシェパード捕鯨妨害初公判―東京地裁(時事通信)
東国原知事「殺処分の49頭まだ生かしている」(読売新聞)

元会計士に着服容疑、委託30億円をFX取引に(読売新聞)

 不動産投資ファンドなどの資金計約30億円を着服したとして、警視庁は17日、東京都港区六本木7、元公認会計士・二又正行容疑者(35)を業務上横領容疑で逮捕した。

 発表によると、二又容疑者は今年1月、預金管理などの業務委託を受けていた不動産投資ファンドなど4社の預金口座から計13回にわたり、総額約30億円を引き出し、着服した疑い。調べに対し、二又容疑者は容疑を認めているという。

 二又容疑者は4社から印鑑や預金通帳を預かっていた。着服した資金は外国為替証拠金取引(FX取引)に充てて、ほぼすべてが損失になったという。

 4社はいずれも「シンプレクス不動産投資顧問」(千代田区)が設立した特別目的会社(SPC)。二又容疑者は港区にコンサルティング会社を設立し、4社から業務委託を受けていた。

 シンプレクス不動産投資顧問が不正に気付き、今年2月、二又容疑者を刑事告発していた。

 二又容疑者は2000年7月に公認会計士登録したが、刑事告発後の今年4月、「一身上の都合」を理由に日本公認会計士協会に業務廃止を申請し、登録抹消されていた。

13年度底にV字回復目指す―武田薬品(医療介護CBニュース)
被害者の軽乗用車発見=76歳男性殺害、放火事件―千葉県警(時事通信)
<掘り出しニュース>アキタ朝大学 発足 秋田の魅力・将来を議論(毎日新聞)
<小沢幹事長>国民新・亀井代表と会談(毎日新聞)
首相動静(5月16日)(時事通信)

福岡の女性切断遺体 バラバラにつきまとう“誤算”(産経新聞)

【衝撃事件の核心】

 ごく普通の生活を送っていた女性はなぜ切り刻まれ、海に投げ捨てられなければならなかったのか。福岡市博多区の会社員、諸賀(もろが)礼子さん=当時(32)=のバラバラ遺体の一部が最初に博多湾で見つかってから、2カ月が経過しようとしている。「交通トラブル」など不審な点が判明したほか、失踪(しっそう)後に諸賀さんの腕時計を質入れした男が別の事件で逮捕されたが、諸賀さんの事件での容疑者逮捕には至っていない。切断遺体、諸賀さん方の状況などから浮かび上がる犯人像とは…。

■隠す目的のはずが…高まる発覚の可能性

 「腕時計は拾った」

 4月28日に別の窃盗事件で福岡県警に逮捕された福岡市内に住む30代のアルバイトの男は、取調室で対峙(たいじ)する捜査員にこう釈明した。男が「拾った」と主張する腕時計はギリシャのブランド品で、男は腕時計を福岡県内の質店で換金していた。製造番号とDNA型鑑定から判明した腕時計の所有者は、無残な姿で発見された諸賀さんだった。

 博多湾の真ん中に浮かび、福岡市内の渡船場からフェリーで約10分の能古島(のこのしま)。周囲約12キロ、人口約800人と小さな島では、春は菜の花、秋はコスモスと季節の花々が咲き、潮干狩りのシーズンなどには海岸が観光客でにぎわう。

 「最後の無頼派」作家と呼ばれる檀一雄が晩年を過ごした島としても知られる能古島。この風光明媚(めいび)な島の海岸で3月15日、下腹部から大腿(だいたい)部にかけての遺体の一部が流れ着いているのが見つかった。鋭利な刃物のようなもので切断されていた遺体。その後の捜査で、遺体は諸賀さんであることが確認された。

 4月9日には能古島から約9キロの場所にある福岡市中央区の福岡競艇場のコースと海を区切る遮蔽(しゃへい)壁付近で、両腕が入ったゴミ袋が見つかる。

 さらに14日と15日には、福岡市中央区那の津の博多港・須崎ふ頭付近で、胴体と頭部が相次いで見つかった。県警は両腕がゴミ袋に入れられていたことや、腰の損傷が少ないことから、犯人が切断遺体を複数のゴミ袋に分けて博多湾に遺棄したとみている。

 遺体を刃物で切り離すバラバラ事件は猟奇的なイメージを受けるが、専門家はその手口からどのような犯人像を思い描くのか。

 「特殊な遺体の状態から特別な動機があると思われがちだが、被害者の身元を分からなくするためだったり、遺体を隠して事件が発覚しないようにするための隠蔽(いんぺい)の努力だ」

 精神科医で、筑波大名誉教授の小田晋氏(犯罪病理学)はこのように動機を指摘。犯人は顔見知りなど身近な人物である可能性が高いと分析する。

 事実、東京都渋谷区のマンションで平成18年、外資系金融会社の男性社員=当時(30)=が殺害された事件では、殺害した妻が犯行現場となった自宅から遺体を持ち出す手段として切断していた。

 また、東京都江東区のマンションで20年4月、住人の女性会社員=当時(23)=が殺害された事件では、2部屋隣に住む男が乱暴目的で自室に連れ込んで監禁した後、女性を捜索する警察官の目を欺くために遺体を細かくバラバラに切断して、トイレから流すなどしていた。

 「遺体を放置しておくと困る。とにかく隠したい。隠したいけど、遺体がこのままだと見つかりやすい。なら切断してしまおう」

 警視庁の捜査幹部はバラバラ事件に走る犯人の心理をこう表現する。だが、その手口には一つの誤算がつきまとう。

 「ホシ(犯人)は犯罪行為を消し去ろうと考えて遺体をバラバラにする。だがバラバラにしてあちらこちらに捨てれば、ホシの狙いとは逆にそれだけ遺体が見つかる可能性は高まる。そして切断遺体が見つかれば、『こりゃ事件だ』となる」

■室内に血痕なし 連れ出された後に殺害か

 JR博多駅から約500メートルの場所にある2階建てアパートの2階に諸賀さんは住んでいた。

 諸賀さんは福岡市内の医薬品卸会社に勤務。3月5日午後7時ごろに勤務先を出ており、通勤に使っていた車は自宅アパート近くの駐車場に止められていたことが確認されている。自宅アパートからは仕事で使う携帯電話が見つかっており、諸賀さんは一度は帰宅したとみられる。

 だが翌6日午前5時ごろ、会社の同僚がゴルフに行くために諸賀さん方を訪れたが、インターホンを押しても応答はなかった。

 捜査関係者によると、諸賀さん方の玄関は施錠されており、室内に物色したような形跡はなく、カバンや財布、通帳も残されていた。土足で侵入したり、激しく争ったりしたような跡はなかった。ただ室内の窓ガラスが内側から割れており、転倒したゴルフバッグが当たったとみられることから、諸賀さんが誰かともみ合うなどした可能性はあるという。

 しかし、血痕は検出されていないとされており、県警は部屋以外の場所で殺害され、切断された疑いが強いとみている。この見方について小田氏がこう補足説明する。

 「遺体を切断するには時間がかかり、血も流れる。犯人は他人に邪魔されずにゆっくり作業ができる自宅か、自分の縄張りとなっている何らかの場所で遺体をバラバラにしたのだろう」

 一度は帰宅したとみられる諸賀さんは生きた状態で、財布を置いたまま部屋から姿を消して殺害された可能性が高い。

 考えられる状況は、自らの意志で外出した後に事件に巻き込まれたか、顔見知りの犯人に言葉巧みに連れ出されたか、あるいは脅されるなどして抵抗できない状態で連れ去られたか−。

 江東区で女性が殺害された事件では、2部屋隣に住む男が帰宅してきた女性に刃物を突きつけて、自分の部屋に連れ込んでいた。

 諸賀さんの私用の携帯電話は未発見だが、県警が通話履歴を調べたところ、相手が不明なものはなかったという。諸賀さんがいったん帰宅した後、再び部屋を出た経緯の解明が捜査の焦点の一つになりそうだ。

■「警戒して帰る」 日記につづられた不安

 「温厚で責任感が強く、後輩の面倒見も良かった」

 勤務先の関係者は諸賀さんの人柄をこう話す。諸賀さんは平成12年4月に入社。営業を担当し、最近は約30カ所の医療機関を受け持ち、医薬品を納入するなどしていた。700人以上の営業社員の中でも成績が上位になることがあり、将来の幹部候補として期待されていた。

 社内だけでなく、顧客からの信頼も厚かったという諸賀さん。会社関係者は「諸賀さんがトラブルを抱えていたという話は聞いたことがない」と話す。

 だが事件発覚後、諸賀さんが書き込んでいたインターネットの会員制サイト「mixi(ミクシィ)」の日記に注目が集まる。

 『相手の方は任意保険に入ってないらしく、バイクの修理を全部私の方の保険で負担して欲しいと言う』

 『しまいには私の家まで行くと言い出したそうなので、弁護士を立てました』

 『本人らしき人がうろついてるのを見たから、(中略)その後もかなり警戒して帰ってきてます』

 書き込みによると、諸賀さんは昨年11月、帰宅途中に交差点でオートバイと事故を起こし、その相手とトラブルになっていたが、この交通トラブルと事件との関連は不明だ。

 また、3月上旬には、自宅アパート前の路上で男女が言い争う声を近所の住民が聞いていたという。

 県警は交友関係を調べてトラブルの有無を洗い出すとともに、所持品でなくなっているものがないかを捜査してきた。その結果、諸賀さん失踪後に腕時計を換金していた冒頭の男が捜査線上に浮かんだ。

 男の逮捕容疑は昨年、勤務先の会社から液晶テレビを盗んだとしている。県警はこの逮捕容疑の裏付け捜査を行うとともに、諸賀さんとの接点を含め事件との関連を慎重に調べるとみられる。

 諸賀さんの足はいまだに見つかっていない。知人男性は「遺族の悲しみを考えると、言葉にならない」と漏らした。

【関連:「衝撃事件の核心」】
指名手配犯、逃さない! 街頭に光る“眼光”「ミアタリ」  
エリート教頭、風俗狂いの果てに…
訴訟合戦泥沼化? 脱税疑惑を指摘された眞鍋かをりさんは…
「無能野郎」「氏ね」中傷氾濫…2ちゃん本印税差し押さえは有効か
「高差」「うちこ」隠語は健在…警視庁ネットハンターが狙う闇サイトの“急所” 

<厚労省独法>12道県で不適切会計 地方業務委託巡り(毎日新聞)
<健康保険法>改正案 協会けんぽ保険料上昇抑制 健保反発(毎日新聞)
米大統領どこまで理解?まだ判断つかず…首相(読売新聞)
電動自転車 CO2の削減で職員に貸し出し 愛知県豊橋市(毎日新聞)
ニセ死亡診断書で日本生命から保険料3600万円詐取 容疑の元夫婦ら逮捕(産経新聞)

自殺図り意識不明の長男刺殺、母親に猶予判決(読売新聞)

 東京都内の病院で昨年7月、自殺を図って意識不明のまま入院していた長男(当時40歳)を刺殺したとして殺人罪に問われた千葉県我孫子市、無職和田京子被告(67)の裁判員裁判の判決が22日、東京地裁であった。

 山口裕之裁判長は「短絡的な面はあった」としながら、「息子の自殺未遂という衝撃的な事実に直面し、精神的に追い込まれていく中で冷静な判断力を欠いたまま犯行に至っており、同情の余地が大きい」と述べ、懲役3年、執行猶予5年(求刑・懲役5年)を言い渡した。

 山口裁判長は判決理由を朗読した後、証言台の前に立つ和田被告に「皆で思い悩んで決めた結論です。しかし、決して人を殺すことで事態を打開することを是認するものではありません。これが裁判員を含めた全員の思いです」と諭すように語りかけた。

 うつむいたまま聞き入っていた和田被告は、最後に「ありがとうございました」と述べ、裁判官と裁判員が座る壇上に深々と一礼した後、何度もハンカチで目頭を押さえた。そして、証言台の右側の弁護人席に歩み寄り、「これから頑張ります」などと話し、また泣き崩れた。

 判決によると、長男の正人さんは昨年7月15日、勤務先で自殺を図り、意識不明で病院に搬送された。健康保険組合から自殺の場合は保険の対象外になると告げられ、同月末までの医療費は約500万円に上ることが判明。

 和田被告は、正人さんの妻が医師に「私が呼吸器を外します」と言って泣き崩れたと聞き、同月25日、長男一家を苦しませたくないとの思いから、病室のベッドに横たわる正人さんの左胸を出刃包丁で刺し、殺害した。

<殺人>34歳女性と5歳長男死亡 刺された傷…京都(毎日新聞)
深剃りの秘密を大公開!写真で見る、パナソニック「メンズシェーバー・ラムダッシュ」
「裕福な生活したかった」グッチ偽物ネット販売、容疑の女逮捕 神奈川(産経新聞)
<プロミネンス>米国の新太陽観測衛星が高解像度撮影(毎日新聞)
<殺人>長男が家族5人刺す 父親と乳児死亡 愛知県豊川市(毎日新聞)

地元・米の合意得る…首相「決着」へ決意表明(読売新聞)

 鳩山首相は15日朝、沖縄の米軍普天間飛行場移設問題で自ら公約した「5月末決着」について、米国と、移設先の地元自治体の双方の合意を得た形で移設先を決めることだとの考えを改めて明言した。

 首相公邸前で記者団に述べた。

 首相は記者団に「『5月末決着』とは、米国と地元の合意を得られた唯一の案が発表されることか」と問われ、「決着は決着だから、その通りだ。『これで行こう』という方向が(米国、地元ともに)互いに認められた状況を何としても作りたい。オバマ米大統領にも直接協力を求めた」と述べた。大統領の反応については、「感触は感触だ」と述べるにとどめた。

 沖縄での「県内移設」を軸に鹿児島県・徳之島へのヘリ部隊移転などを組み合わせる政府案に対し、米国と地元は極めて否定的で、5月末までの合意形成はほぼ絶望的となっており、「首相は退路を断った」との見方が出そうだ。

 これに対し、平野官房長官は15日午前の記者会見で、「『(米国や地元の)合意』の解釈には幅がある。5月末までに技術的な詳細も含めて全部終わっていなければ合意や理解でない、という認識には立たない」と述べ、首相の主張するような「決着」を5月末までに実現するのは難しいとの考えを示唆した。

首相退陣なら衆参同日選も=仙谷氏(時事通信)
78歳女性、自宅で殺害 頭に傷、バッグなくなる 山口(産経新聞)
参院選出馬を否定=任期を全うする−東国原宮崎知事(時事通信)
人工歯根再使用疑惑の医院、感染対策が不十分(読売新聞)
<プラダジャパン>元部長が解雇無効の確認など求める(毎日新聞)

<京阪電鉄>開業100周年 大阪・中之島駅で記念式典(毎日新聞)

 京阪電気鉄道は15日、開業100周年を迎え、中之島駅(大阪市)で記念式典を開いた。上田成之助社長は「進取の精神で、沿線の活性化と発展に貢献したい」と述べ、記念ヘッドマークを装着した出町柳(京都市)行き快速急行の出発を見送った。

【滋賀、大阪】40年ぶり復活!!

 実業家の渋沢栄一らが1906年に設立。10年に天満橋(大阪市)−五条(京都市)間を開業した。現在は、遊園地「ひらかたパーク」(大阪府枚方市)の運営や住宅販売など幅広く手掛ける。

 100周年を記念し、グループ各社でイベントを実施中。ホテル京阪(9店舗)では、小学生以下の子供を対象に、100点の答案用紙持参でビュッフェが無料になるサービスなどを展開。また京阪三条駅(京都市)では、開業から現在までの歩みを紹介する写真展を6月30日まで開催している。【新宮達】

【関連ニュース】
坂本龍馬のパネル:京阪・中書島駅ホームに見参 町家風の待合室も /京都
洛書き帳:ひらかたパーク(大阪府枚方市)で始まった… /京都
【大阪】春のひらパー

子ども手当、来年度から満額を 民主党分科会が素案(産経新聞)
「自然現象だからしょうがない…」アイスランド噴火で欠航相次ぐ成田(産経新聞)
<司法修習生>無給あんまり 日弁連が対策本部(毎日新聞)
奈良の神鹿撃った男、動機は「肉で金もうけ」(読売新聞)
虐待の連鎖断ち切れ 社会の無関心さに警鐘(産経新聞)

伊蔵・魔王…幻の焼酎、無免許ネット販売で摘発(読売新聞)

 インターネットで酒類販売業免許がないのに焼酎などを販売した個人や企業に対し、国税当局が酒税法違反(無免許販売)での摘発を本格化している。

 ネット取引の拡大と、焼酎ブームの影響で、2008年度まで3年連続で全国の摘発数が20件を超え、増え続けている。「免許がいるのは知っていたが、ばれないと思った」という故意犯が大半で、国税当局は「思わぬ値がつき、味をしめて出品し続ける傾向がみえる」と分析、取り締まりを強める。

 大阪国税局によると、ネットのオークションサイトでは、特に、焼酎を売買する例が目立つという。“幻の焼酎”とされる鹿児島の芋焼酎「森伊蔵」は、製造元などが定価2500円(一升瓶)で抽選販売しているが、オークションでは2万〜3万円の値が付く。鹿児島の芋焼酎「魔王」、宮崎の麦焼酎「百年の孤独」なども、オークションでは定価の8〜10倍にもなる。

 高値に目を付け、酒を入手した個人や会社が無免許のままインターネットで販売を手がけるようになり、全国の摘発数は05年度の11件から06年度は21件に急増。07年度は22件、08年度は26件と増え続けている。大阪国税局は08年度、近畿2府4県で5件の不正を確認し、計124キロ・リットル分の無免許販売を摘発した。

 同国税局によると、兵庫県内の会社員男性は、趣味で集めた焼酎などを4年間に約1000本(計約1000万円)、オークションで販売。京都府内の会社員男性は「住宅ローンの返済のために」と、ネット通販などで買い付けた人気焼酎をオークションで転売し、4年間で約3000本(約1400万円)を売った。

 酒販業でない会社が、別の企業の倒産に関連して入手した酒類約52キロ・リットル(約3500万円)を同様に売った例も。

 いずれも酒税法違反で罰金を支払ったという。現行の酒税法では、無免許で酒類を販売すると1年以下の懲役または20万円以下の罰金が科される。売り上げを申告しなければ追徴課税される。

 ◆酒類販売業免許=酒税法上、酒類を販売する場合、販売場所を所管する税務署長から免許を受ける必要がある。個人が不要になった1本を売るなどの場合、免許はいらないが、継続的に大量にさばくなど、事実上、業として販売する場合は免許が必要。

雑記帳 南部せんべいにプリント 青森・八戸(毎日新聞)
佐世保の警官刺傷、指名手配の男が出頭し逮捕(読売新聞)
<郵便不正事件>大阪地裁が上村被告弁護人の証人申請却下(毎日新聞)
国宝飛雲閣の公開始まる 西本願寺(産経新聞)
薬物犯罪で死刑に波紋、日弁連「厳しすぎる」(読売新聞)

<スペースシャトル>打ち上げ成功 山崎さんら7人乗せ(毎日新聞)

 【ケネディ宇宙センター(米フロリダ州)奥野敦史】山崎直子宇宙飛行士(39)ら日米の7人を乗せたスペースシャトル「ディスカバリー」が5日午前6時21分(日本時間午後7時21分)、米フロリダ州のケネディ宇宙センターから打ち上げられた。米航空宇宙局(NASA)によると、ディスカバリーは約9分後に予定された高度で主エンジンを停止し、打ち上げは成功した。

【写真特集】「きれいなお姉さん」系から「きれいなママ」系宇宙飛行士に 山崎直子さんの軌跡

 山崎さんは初の宇宙飛行で、日本人の女性飛行士は向井千秋さん(57)=宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙医学生物学研究室長=以来2人目。今回のミッションでは物資移送責任者(ロードマスター)として、実験装置や補給物資など約6トンの積み荷を運ぶ責任を負う。

 ディスカバリーは日本時間7日夕、国際宇宙ステーション(ISS)にドッキング。ISSに長期滞在中の野口聡一宇宙飛行士(44)が山崎さんを出迎える。日本人2人が同時に宇宙に滞在するのは史上初めてだ。

 シャトルはあと3回の打ち上げで退役することが決まっており、山崎さんは日本人最後の搭乗者となる。92年に毛利衛さん(62)が搭乗して以来、山崎さんを含め計7人の日本人がシャトルで宇宙へ旅立った。シャトルの退役後、日本の有人宇宙活動はロシアのソユーズ宇宙船を利用して続行する。

 ディスカバリーは日本時間18日夜に地球に帰還する予定だ。

【関連ニュース】
【関連記事】離婚の危機もあった 山崎直子さんが宇宙へ向かうまで
【写真特集】日本の宇宙開発 山崎さんら日本人飛行士のプロフィール掲載
【写真特集・日本の宇宙開発】月探査機かぐや:迫る月面、1分おき撮影 最後の映像公開
【写真特集・日本の宇宙開発】大型ロケットH2B:打ち上げ成功 宇宙ステーション補給機を搭載
【写真特集】日本初の有人宇宙施設「きぼう」はこうして打ち上げられた

「介護保険の公費60%に」―市民団体が厚労相に要望書(医療介護CBニュース)
砂川事件文書を開示=外務省、不存在から一転−日本側「密談」速記録(時事通信)
09年医薬品売上高、高成長を実現―バイエル薬品(医療介護CBニュース)
参院茨城に競輪銀メダリスト=小沢氏が候補差し替え−民主(時事通信)
振り込め詐欺被害防止に向け 埼玉県警が銀行で“抜き打ちテスト”(産経新聞)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。